布ナプキン5つのデメリット



多くの方は、「 メリット以上にデメリットを知って布ナプキンを使うかどうか判断してみたい! 」と言われます。



では、そんな声に お応えして布ナプキンの 5つのデメリット をご紹介します。



 1.洗う事 


この、洗う 作業が大変!


洗うのが面倒臭くて布ナプキンをやめたって方も多いのでは?


ところが、その後 また復活される方も多く いらっしゃいます。。何故だと思いますか??


― その理由は…


やはり使い捨てナプキン(ケミナプ)で 再び かぶれてしまうからです。。。


布ナプキンの心地イイ!が当たり前になると、洗う事が面倒になり 今ならケミナプに戻っても大丈夫カモ?! と思うみたいです。


そして、そんな自信も後押しとなり


ケミナプに戻ってみる
↓↓↓↓↓
「やっぱりダメだったーー」
「痒いーー」
ってなります


このように再び布ナプキンに戻ってくる方も多いのが現状です。



 2.持ち歩く事 


布ナプキンは ご存じの通り 洗って繰り返し使うものですから、ケミナプのようにサニタリーボックスに捨てて終わりって訳にはいきません。


布ナプキンの場合、使用後は帰宅するまで持ち歩きます。




― これは、ちょっと抵抗を感じてしまいませんか?


汚物をカバンに入れたまま持ち歩く?

持ち歩きの最中 ニオイは どうなるの?


そうですよね〜。。「ニオイ」これ、1番 気になりますよね。


しかし、布ナプキンのニオイは ケミナプを使った時とは大きく違います。


布ナプキンは 言うまでもありませんが 布そのもの です。


素材に 何も手を加えていない為経血 本来のニオイはありますが、みなさんが思っているほどではありません。


なので、布ナプキンユーザーさんの ほとんどは「思ったほど ニオイはないし、気にならない」と言われます。


持ち歩きする際には ジッパー付きの 密封できる袋」 をご用意ください。これだとニオイが漏れる事は ほぼ無いです。


プラス、そのジッパー付きの袋を入れる専用ポーチ(ナイロン製)があると もっと便利です。



 3.値段が高い  


布ナプキンはケミナプに比べて値段が何倍もします。


一気に布ナプキンを 全シリーズ揃えるとなると…軽く1万円オーバーコースです!


思わず「生理用品には高過ぎかな。。」と、感じてしまいますよね。。。


ただ、忘れちゃいけないのが 布ナプキンは 洗って繰り返し使えるところです!面倒はありますが経済的な一面もあります♪



 4.職種によっては使えない 


職種によっては 以下のパターンだと布ナプキンは使いにくいです。


■職場へのポーチ持ち込みNG
■更衣室が遠い
■仕事中は席をはずせない
■休憩が取れないほどの激務


このように女子に優しくない職場環境だと布ナプキンを使うのは難しくなります。


その場合、自宅で ゆっくり過ごされる時や休日などリラックスしたい時に使う事をおすすめします♪


布ナプキンとケミナプの併用も 全然、アリだと思います!



 5.浸け置き場所に困る 


同居している家族が居たり―
小さな子供さんが居たり―
と、1人暮らしでない限り使用後の布ナプキンの浸け置き場所に困ります。


子供さんがいる場合は手が届かない高い所に置く工夫がいります。


また、布ナプキン浸け置き専用で フタ付きの入れ物が必要です。


このように あれこれと後始末に気を配らないといけないのが布ナプキンです。




以上、
布ナプキン5つのデメリットでした


いかがでしたでしょうか??


布ナプキンを正しく使うコツは 良い事も 悪い事も きちんと知る事からですよね♪♪


是非、1つの情報として お役立てくださいませ〜



▼その他にも こんな記事を書いています
■オーガニック布ナプキン店長おすすめBEST3
■布ナプキン初心者さんへ
■布ナプキンの選び方
■布ナプキン5つのメリット


          布ナプキン通販専門店ラミコナップ